テーブルコーディネートスクール コーディネーションアカデミージャパン

HOME カリキュラム 教室案内 秋篠野安生プロフィール 作品集 美しく生きる 季礼 資料請求・お問い合わせ




季礼文字



「気の12ケ月」。
この本は、わたしの心の“ことづて” なのです。

“美しくたおやかで強く生きたい”と願うあなたが、
自ら良い気を発信することで、幸せを感じやすい『幸福体質』な人となれるように、
そして、自分も周囲の人をも幸せにできる素敵な人になっていただきたくて、
この本を書きました。


潤いのある日本ならではの、
自然のうつろい、文化、そして感性によって生まれたのが
「二十四節気」。
それを日々の生活に取り入れて良い気を循環させるための智恵、
すなわち「季礼」をいつも傍らにおいてほしい・・・
そんな、わたしのメッセージをすくいあげていただきたくて、
この一冊の本をあなたに捧げます。

  
      






■「気」とはそもそも何でしょう
気はあなた自身の中にも、あなたのまわりにも存在し、
良いことも悪いことも互いに影響しあっています。

現代は不安に満ちていて、人々は心の底から「安心感」を求めている時代ともいえるでしょう。
もしもあなた自身が、不安だったり憂鬱な気分を引きずっていると、居合わせた人は心配します。
逆に、明るく爽やかな雰囲気の人は一瞬にしてその部屋の雰囲気を変えてしまいます。
これほどまでに気は強い影響力を持っているのに、残念なことに、多くの人が、日々の暮らしの中で、あまり意識していません。

毎日を幸せな気分で過ごすには、まず「気」に気をつける必要があります。
周囲と自分の中の気を敏感に察知し、自分から良い気を流すことのできる人になってください。

常によい気が循環するよう自らの力でリズムを整え、バランスをとることができれば、
小さな幸せがたくさんちりばめられた毎日を過ごすことができるようになり、
気の状態が良ければ幸せを感じやすい『幸福体質』になれるのです。
きらりと光り輝く小さな幸せを、たくさんたくさん紡いでいきましょう。

■さて、「季礼」とは何でしょう
気を理想的な状態に保つための、日本人ならではの生活の智恵をわたしは「季礼」と名づけました。昔ながらの陰暦(旧暦)を現代の生活に取り入れ、自然に寄りそい、宇宙に添わせ、響き合う時、すべての波動はひとつになり、身も心も健やかで満ち足りた生をもたらしてくれます。
逆に、宇宙の気と自分の中の気にずれが生じれば、そこから不協和音を発するように、気が乱れ、流れが悪くなり、澱んで停滞し、不快、不満そして、幸せを実感できないという悪循環が生まれてしまいます。

季礼とは、こういった悪循環を招かぬよう、季節感が薄れたといわれる現代に、月の満ち欠けと太陽の周期を組み合わせて生まれた旧暦をもとにして、かつて、いにしえの人々がしたように、 自然の声に耳を傾け、自然と会話をしながら、その波動を自分自身の内なる気と響き合わせて、日々の暮らしに上手に取り入れましょうという考え方なのです。

旧暦をもとに、わかりやすく紐解きながら、そのときどきにどのような心づもりでどのようなことを、暮らしの中で行えばいいのかを、お伝えしていきます。


  
      
 



季礼。それは美しく生きるための基本・・。
季礼をいつも、あなたの傍らにおいてください。
そして、美しくたおやかで強く生きていってください。
それが、わたしの心の“ことづて” なのです。

秋篠野 安生

※「季礼」、「季礼文字」は秋篠野安生の造語であり登録商標です。



書籍のお求めは下記までお問い合わせください。

コーディネーションアカデミージャパン
TEL/FAX 03-3239-7719
〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1
ホテルニューオータニタワー7F 2714号


 
spacer
spacer
spacer
spacer